ビールの知識

ビール業界のお仕事:
ホップ農家編

ホップはアサ科・カラハナソウ属に分類されるツル性の多年草で、年間で8~9mまで長くツルを伸ばして7〜9月頃に花を咲かせます。雌雄異株で、線香花火のような花を咲かせた後、雌花は松ぼっくりのような形(毬花)に変化します。これがビールの苦味や香りの原料となります。その他には余分な蛋白質を沈殿させてビールの濁りを取り除く作用もあります。授粉してしまうと味が落ちてしまうことから、栽培農家では雄株はほとんど栽培していません。

ホップ農家は夏場に向けた栽培と夏頃の収穫が主な仕事です。栽培は春に苗植えを行い、伸びてきた蔓を支柱に誘引・剪定をして、熟す前に鞠花を摘み取るのが大まかな流れです。それ以外の時期では、収穫後に枯れた地上部の蔓にも適度に水やりを続けることで、来春の新芽が生えてくる準備をします。土の中には根だけが残った状態で冬を越します。春先に根が広域に広がっている場合は、株分けを行います。土へ肥料を蒔き、再び芽が出てくるよう育てます。

また、ホップは地中から伸びてくる植物のため、土壌づくりも欠かせません。水はけのよいアルカリ性の土をホップは好みます。良い土壌は品質のいいホップを収穫するために重要なお仕事です。

その他には、ホップを販売するための販路の確立や販売システムが無ければ、システムづくりも必要です。農業業務以外にも営業やパソコン作業といったスキルも求めらます。将来的には新種の開発も業務内容に入ってくるでしょう。

ビール業界のお仕事:
ブルワリー編

ブルワリーのお仕事は、醸造(ビールづくり)、瓶詰め・樽詰め、ラベル貼り、出荷作業、イベント出店と多岐に渡ります。ブルワリーによっては、作業分担が分かれているところもあれば、兼任するところもあります。

醸造部分に注目が集まりますが、タンクや樽の洗浄と品質を保つための衛生管理が重要なお仕事です。麦芽の袋や樽など重いものを運ぶことも多く、体力が必要になります。春先から秋までイベントも多く、週末はイベント業務に従事することになります(会社方針にもよります)。このほかに瓶詰め、樽詰め、ラベル貼り、配達など仕込み以外の業務もあります。

醸造業務でも麦芽やホップの原料や醸造学と常に新しい知識・技術を学び続ける努力が必要になります。

造る部分ではない業務の方が多く、作業量も多いですが、自分たちのこだわりをお客様に飲んでもらい評価してもらえたときの喜びは数字などで表せないものがあります。

ビール業界のお仕事:
飲食店編

飲食店では、ビールや料理の提供をはじめ来店したお客様が楽しい時間を過ごしてもらうための接客スキルが必須になります。接遇はもちろんのこと、提供するビールの知識、ビールに合う料理を提案する知識も大事です。

ビールでは、サービング、サーバーの管理・洗浄、グラスの洗浄、仕入れ・在庫管理(店舗によります)など、料理では、調理、食材・調味料の調達、メニュー開発(店舗によります)などの業務があります。

このほかには店舗の清掃や宣伝、イベント出店など業務内容は多岐に渡ります。基本的に立ち仕事なので、腰など身体的負担もあります。

人を喜ばすこと、ビールの知識をつけたい人には、お薦めの仕事ではないでしょうか。

ビール業界のお仕事:
ボランティア編

主にイベントで出店ブースのお手伝いです。ボランティア内容は、各ブルワリーにより異なりますが、お客様の呼び込み、注文取り、サービングなどがあります。ビールの知識は無くても大丈夫ですが、お手伝いをするブルワリーの特徴、どんなビールをつくっているかは事前に調べておくと良いでしょう。

お手伝いの最中の飲酒についてはボランティアするところにより違います。飲酒が可能な場合も泥酔してしまいますと出店者だけではなく、一緒にお手伝いをする人やお客様に迷惑をかけることになります。注意しましょう。

ブルワリーによっては、謝礼ができるところもあります。詳しい内容は、各募集案件を確認してください。

人を喜ばすこと、ビールの知識をつけたい人には、お薦めです。